投資と心理学

現在、為替証拠金で取引をやっていて思うことは、ポジションを取るときは利益を得ようと思っているのですが、どの時点で決済すればいいのか、またポジションの数はどの程度なら最適なのか、ということに疑問を持つようになってきました。
最適なポジションサイズ、決済時期、年間の利益目標、どのようにすればよいのか、ということを考えているうちに、1冊の本に巡り会うことができました。
私もまだまだ勉強中で、皆様にどのように私はしている、ということを説明できる段階ではないのですが、当たり前かもしれませんが(為替、株を長年取引されている方には当たり前かもしれませんが)自分のポジションサイズ、自分自信のコントロール、決済の方法、年間の目標など、改めて取引する上での大切さを教えてくれた1冊です。

その本は
魔術師たちの心理学 バン・K・タープ著 柳谷雅之監修 パンローリング社 2940円

です。
どのように取引すればよいかを皆様に説明できるほど、理解しているわけでは無いので、詳しい説明は本を読んでいただくとして、この本は私にとっては、心理学が投資に対してかなり影響するものであるということを改めて教えてくれた1冊でした。

皆様も参考にしてみてください。

今後も、参考になる本がありましたら、ここで記させていただきたいと思います。

あんさんの為替チャレンジ  へ

外貨証拠金取引をはじめて1年あまり、様々な経済ニュースを、見聞きするようになり、自分なりの判断をする必要が出てきました。
経済ニュースを自分で判断しても、短期の売買では、うまくその情報を生かすことができない毎日が続きました。
その中で、一冊の本に巡り会うことができました。
投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方 吉田恒 実業之日本社

吉田さんは、外為どっとコムでも、毎日コメントを出されている方で、そのコメントには私は信頼を置いて読ませていただいています。
吉田さんの、今後の読みを参考にして、買いを入れています。
この本を読んでみて、ニュースの見方を参考にさせていただいています。
また、毎日、簡単な個人メモをとることが大事なことを教わりました。

外貨の取引を行っているプロの考え方、素人の考え方の違いを知りたいと考えています。
プロはデイトレードで収益を上げる必要がありますが、素人は決済期間を決める必要がありません。
そのような違いがある中で、素人はどのような戦略で売買をしていけばいいのか、素人なりの戦略をとることができると思っています。
その、ヒントをくれる一冊がこれだと思います。
外国為替トレード 勝利の方程式 今井雅人 日本実業出版社
今井さんも、外為どっとコムでコメントを出されている方で、よく「外為どっとコム」 主催セミナーで講演されている先生です。
今井さんのこの本も参考になると思います。

次は、素人の資金戦略を書いてくれている本です。
私の基本的な考えてとしては、資金の一部は購入に回して、余力を残しています。
その間に、スワップポイントがたまっていきますから、決済できなくてもスワップポイントでリスクは低くなっていきます。
ただ、資金の一部を購入に回し、残りは万が一のために残しておく、という戦略の中でどの程度の資金を購入に回せばいいのか、ということに悩んでいました。
そのような中で、この本に出会いました。
卒サラ!外貨で月300万円稼ぐ連勝法 新井康友 明日香出版社
新井さんは、ランカスター戦略を推奨しています。
基本的な考え方は、資金の一部を20等分して、その一部ずつを買いに回し、そのほかの大部分は万が一の時のために残しておくという考え方です。
基本的な考え方は合っていたと思います。
新井さんの方法を教えていただいて非常に勉強になりました。リスクをより低減することができたと思っています。

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO