窓に関して

一般的に相場の世界で言われている窓!!!これは、為替の世界でも小さな窓が確認できます。それは、金曜日の終値から月曜日の始まり値にかけてになります。
土曜日、日曜日に政治的な問題、紛争等によりインターバンクレートが変化することがあります。
それにより、金曜日の終値と月曜日の始まりの値段が一致しなくなります。
これにより、窓が形成されます。
これは、株の世界でよく言われていることですが、形成された窓は埋める方向に相場は動く、と。なので、為替も同様に窓は埋められる方向に動くと思われます。しかし、株と違い、為替の窓はそれほど大きくないので、長くて1日、早ければ数時間で埋められることになります。
以下に、その説明を書きます。

左図のように、月曜日の朝には窓が形成されることがあります。しかし、これは東京時間で数時間経過後には、インターバンクレートは窓を埋める、つまり115円になります。

つまり、月曜日の朝、取引が始まってすぐに115.50円で売りの注文を出し、115円程度で決済注文を入れれば、差額を儲けることができる、というわけです。

左図は、売りの注文を入れる場合で、逆に始まり値が金曜日の終値よりも円高になれば、逆に買いの注文を入れればよい、という感じです。

あんさんの為替チャレンジ  へ
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO