外貨証拠金取引会社 徹底比較

外貨証拠金取引会社を徹底比較します。外貨証拠金取引会社で取引するコストは、他ページでも書いたように、スワップポイント2wayプライス売買手数料になります。
売買手数料、スワップポイントは、1万通貨あたりの金額を書いています。
この、3つのコストに関して、そして、それぞれの会社の特徴に関して、以下に比較、書いていきたいと思います。それぞれの会社は、他社と差別化するために、いろいろなサービスをしているところもありますので、ここで書いていきたいと思います。また、会社の資本金を記載します。会社の信用度の指標の一つとしてご活用ください。
是非、外貨証拠金取引をする際に、参考にしてください。
リンクも張っていきますので、そこからホームページに飛ぶこともできるようにしてあります。

あんさんの為替チャレンジ  へ
外為どっとコム 売買手数料:   2000円
スワップ:      標準的
2way:         標準的

資本金:7億6575万
金融先物取引業協会 1509
テレビでも有名な、外為どっとコムです。ここは、管理人の私も利用している会社です。売買手数料は標準よりも若干高めになるかもしれませんが、2000円です。
スワップポイントは、その国の金利にも関係があるのですが、
米ドル:
140円前後
ユーロ:
130円前後
豪ドル:
160円前後
ポンド
250円前後
です。また、南アフリカランドの取り扱いも行っています。
また、FXステージという新しい口座が開設され、デイトレードをされる方には、
手数料が無料で提供されるために、非常に便利であると思われます。私は、どちらかというと中期で取引していますので、外貨ネクストを利用しています。
また、外為どっとコムで「外為どっとコム」 主催セミナー  をやっていて、これはとても参考になります。有名な、先生方が講演してくださるので、近くで開催されるときは一度足を運んでみても勉強になると思います。
また、外為どっとコムでは、バーチャルFX というイベントをやっており、これは架空の資本金500万円でどこまで増やせるか、を競うゲームで、無料で楽しめます。おまけに、1位にはアルファロメオ(車)がもらえるみたいです。
内容は、実際の外為どっとコムと同じ制度で、取引できますので、契約前に一度遊んでみて感触をつかんでもいいかもしれません。

また、当たり前ですが、外為どっとコム 24時間オンラインで取引可能で、携帯からも取引できます。
2wayプライスは
米ドル:4銭
ユーロ:
5銭
豪ドル:
5銭
ポンド
9銭
なので、標準的よりも若干安いプライスだと思います。

為替オンライントレード インフォレックス・ジャパン
売買手数料:  300円
スワップ:     標準的
2way:       標準的
資本金:5000万
インフォレックスジャパンは、手数料は1万通貨あたり300円で、10万通貨では2000円という、かなり安めの手数料になっています。お勧めです。
スワップポイントも良心的で

米ドル:80円前後
ユーロ:
80円前後
豪ドル:
120円前後
ポンド
250円前後
になっています。
また、2wayプライスも、
米ドル:3銭
ユーロ:
4銭
豪ドル:
5銭
ポンド
9銭
となっており、安い設定になっています。
総合的に判断しまして、かなりお得な会社さんであるといえます。
また、インフォレックスさんでは、レバレッジが50倍から100倍かけれますので、本当にハイリターンが狙える会社さんであると言えます。
もちろん、24時間オンラインでトレードできます。
お勧めの会社の一つです。


                 

ねっと外為くん 売買手数料:1000円
スワップ:標準的
スプレッド:安い
資本金:1億3500万
ねっとで外為くんは、ワールドコアFX株式会社が行う外貨証拠金取引です。
手数料は、業界では標準的な値段で、1万通貨あたり1000円です。
スワップポイントは
米ドル:
80円前後
ユーロ:
70円前後
豪ドル:
110円前後
ポンド
230円前後
となっており、若干安めです。また、売りのポジションのスワップポイントは、若干高めになっております。
また、2wayプライスは

米ドル:3銭
ユーロ:8銭
豪ドル:14銭
ポンド15銭

(あくまで、デモ画面からの情報)となっており、スプレッドは大きく、コストは割高かと考えられます。

手数料が標準的、2wayが高めなことから、全体的には、若干コストがかかるかと考えられます。





                 

よろず通貨ダイレクト 売買手数料:1800円
スワップ:標準的
スプレッド:標準的
資本金:15億5825万
入や萬成証券株式会社が行うよろず通貨ダイレクトです。
売買手数料は高めで、1万通貨あたり1800円です。若干高めになっております。
また、スワップポイントは
米ドル:
80円前後
ユーロ:
80円前後
豪ドル:
120円前後
ポンド
:260円前後
となっており、標準的だと考えられます。また、売りスワップも若干高いだけで、きわめて良心的なスワップだと考えられます。
また、2wayプライスは
米ドル:4銭
ユーロ:5銭
豪ドル:5銭
ポンド:9銭

となっており、これも標準的な2wayプライスのスプレッドだと考えられます。

以上のことから、よろず通貨ダイレクトのコストは標準的だと考えられます。




                    

24時間オンライン為替取引ならFX-REAL!! 売買手数料:無料
スワップ:標準的
スプレッド:若干高め
資本金:9000万
金融先物取引業協会
FX-REALは大平洋物産が行う、外貨証拠金取引です。
売買手数料は、無料でかなり安めの設定になっています。他社と比較しても、安めの部類にはいると思われます。
スワップは
米ドル:
70円前後
ユーロ:
80円前後
豪ドル:
110円前後
ポンド
250円前後
で、標準的な設定になっていると思います。
また、スプレッドは
米ドル:5銭
ユーロ:5銭
豪ドル:8銭
ポンド:8銭

となっており、若干高めになっています。
以上のことから総合的に判断しますと、標準的なコストと思われます。





              

『為替マーケット』 売買手数料:400円、無料
スワップ:標準的
スプレッド:標準的
資本金:2億5000万
金融先物取引業協会:1140
『為替マーケット』 は新東京シティ証券株式会社が行う、外貨証拠金取引です。
『為替マーケット』 は、二つのシステムを持っていて、為替マーケット10では、1万通貨単位での取引で、手数料は往復400円となっています。
また、為替マーケット100では、10万通貨単位での取引となっていて、手数料は無料となっています。




スプレッドは
米ドル:4銭
ユーロ:5銭
豪ドル:8銭
ポンド:8銭

となっており、標準的なスプレッドです。
以上のことから、非常に良心的なコストであると思います。

トータルでは、標準的なコストであると思われます。





                 
           
日本アクロス 売買手数料:1000円
スワップ:標準的
スプレッド:標準的
資本金:7億7000万
取引手数料は1000円となっています。
スワップは、
米ドル:80円前後
ユーロ:80円前後
豪ドル:120円前後
ポンド250円前後
となっており、標準的だと思われます。売りのポジションのスワップポイントは、若干高めになっていますが、気になるほどではないと思います。
スプレッドは、
米ドル:5銭
ユーロ:5銭
豪ドル:5銭
ポンド:8銭
となっており、安めの設定になったいます。お得だと思われます。

また、日本アクロスさんは、外貨証拠金取引協会会員ということで、安心感もありますね。
現在は、5000円キャンペーンをやっているみたいです。(2005年5月31日まで)

リンクはこちらです。
5,000円プレゼント・キャンペーン!



                
パンタ・レイ証券 売買手数料:無料
スワップ:やや安い
スプレッド:標準的
資本金:4億5000万
金融先物取引業協会:1139
パンタ・レイ証券 が提供する、 FXするなら「みんなのFX」 、という商品になります。
1万通貨単位から取引が可能です。


また、スプレッドは
米ドル:2銭
ユーロ:4銭
豪ドル:4銭
ポンド:7銭

となっており、これは
かなり狭いなスプレッドだと思われます。
以上のことから総合すると、コストはかなりやすい部類にはいると考えられます

また、ほかの特徴としては、南アフリカランドが取引可能な事だと考えられます。

トータルで考えると、かなりお得な取引会社だと考えられます。


株式会社シーエーキャピタルー外貨ex 売買手数料:2000円
スワップ:標準的
スプレッド:標準的
資本金:1億
外貨exはシーエーキャピタルが行う、外貨証拠金取引です。
ここは、一番最初に紹介した外為どっとコムと同じコストになります。
以下に紹介いたします。
スワップポイントは
米ドル:80円前後
ユーロ:80円前後
豪ドル:120円前後
ポンド260円前後

となります。このスワップポイントは標準的です。
また、スプレッドは
米ドル:4銭
ユーロ:5銭
豪ドル:5銭
ポンド:9銭

となります。このスプレッドは小さい方で、好ましいものです。
売買手数料は高く、1万通貨あたり2000円となっています。


リンクはこちらです。

                 

トレイダーズ証券 売買手数料:無料
スワップ:若干安い
スプレッド:広い
資本金:20億0000万
金融先物取引業協会
トレイダーズ証券の手数料は無料です。お勧めです。
スワップは、若干安めで

スプレッドは、若干ですが広く
米ドル:5銭
ユーロ:7銭
豪ドル:8銭
ポンド:13銭
となっており、
若干広めの設定ですが、手数料が無料な分、コストは普通だと考えられます。
また、メキシコペソ、ポーランドズロチが取引できるというメリットがあります。

また、南アランドも投資できる会社で、今後も南アランドは円安に行くと思われますので、南アランドの投資をお勧めします。


トレイダーズ証券 のリンクはこちらです。お勧めの会社です。


三井物産 フューチャーズ
為替証拠金取引は信頼と実績の三井物産フューチャーズ
売買手数料:1000円
スプレッド標準的
スワップ:標準的
資本金:20億
三井物産フューチャーズは、商社三井物産が行う外貨証拠金取引です。
三井物産が行うだけで、安心感がありお勧めです。
売買手数料に関しては、1万通貨で1000円なので、標準的だと思われます。
また、スワップは、
米ドル:80円前後
ユーロ:80円前後
豪ドル:120円前後
ポンド260円前後

となっており、標準的なスワップだと思われます。


また、スプレッドは
米ドル:5銭
ユーロ:5銭
豪ドル:5銭
ポンド:8銭


となっており、標準的からやや安いと思われます。

以上のことから、フューチャーズのコストは、標準的だと思われます。
会社が三井物産が経営するだけに、倒産などの心配がない観点から私はお勧めです。



  
為替取引手数料ゼロ!FX Online Japan 売買手数料:0円
スワップ:標準的
スプレッド:若干高い
資本金:4億円
金融先物取引業協会 1527
一言で言いましょう!!!非常にお勧めの会社です。私も契約しています。
なんせ、手数料が0円ですから。短期売買を行う方は、必ず契約してもいい会社と言えると思います。利用していますが、サービスセンターの対応も非常に親切で、安心して相談できます。
また、スワップポイントが決済せずとも口座に反映されますので、リスクヘッジにもなります。
さっそく、コストに関して書いていきたいと思います。
売買手数料は、上にも書いたように0円です。
これは、非常に良心的な値段ですよね。というか0ですもの。
他の会社ではなかなかできない値段設定だと思います。

スワップは標準的で、
米ドル:80円前後
ユーロ:
80円前後
豪ドル:
120円前後
ポンド
260円前後
といたって、標準的です。

スプレッドは
米ドル:3銭
ユーロ:
5銭
豪ドル:
8銭
ポンド
9銭
となっており、若干高いかもしれません。しかし、サポートがしっかりしている点売買手数料の0円を考えれば、非常にお勧めの会社です。また、出金も5万円以上だったら手数料は無料なのでお得です。
デフォルトが10万ドル単位になっていますので、使用方法は掲示板でも尋ねてください。お知らせします。
FX onlineのサイトはこちらです。
為替取引手数料ゼロ!FX Online Japan

ひまわり証券株式会社 売買手数料:2000円もしくは0円
スプレッド:大きい
スワップ:標準的
資本金:14億
ひまわり証券の特徴は、なんと言ってもデイトレ口座でしょう。この口座は、1日で決済しないといけないのですが、なんと言っても手数料は0円です。
これは、非常にすごいことだと思います。

スワップは標準的で
米ドル:80円前後
ユーロ:80円前後
豪ドル:120円前後
ポンド250円前後

です。
また、スプレッドは若干大きめで

米ドル:5銭
ユーロ:7銭
豪ドル:7銭
ポンド:12銭

となっています。
ひまわり証券は。証券会社だけに証券の先物取引の口座とリンクできます。
証券先物を取引される方は便利でお得な仕組みになっています。




  

マネックス・ビーンズ証券 売買手数料:200円
スワップ:不明
スプレッド:標準的
資本金:74億2500万
マネックスビーンズ証券の売りは、なんと言っても売買手数料の安さ、200円だと思います。お勧めの会社の一つです。
残念ながら、スワップは不明ですが、それほど悪くはないと思われます。
もともとは証券会社が母体ですから。

スプレッドは至って標準的で

米ドル:4銭
ユーロ:5銭
豪ドル:5銭
ポンド:9銭
です。

売買手数料の安さ、200円を考えれば、かなりお勧めの会社だと思います。



 

マネーパートナーズ 売買手数料:800円(5万で4000円)
スワップ:標準的
スプレッド:若干大きい
資本金:15億1200万
北辰えFXの売買手数料は、5万通貨で4000円で、1万通貨で800円です。
かなり割安の部類だと思われます。
スワップは
米ドル:80円前後
ユーロ:80円前後
豪ドル:120円前後
ポンド260円前後
となっており、標準的だと思います。
またスプレッドは

米ドル:5銭
ユーロ:6銭
豪ドル:6銭
ポンド:10銭
となっており、若干高い程度です。

総合的に考えますと、手数料が割安な分、標準的なコストだと思われます。


オリックス証券 売買手数料:300円
スワップ:狭い
スプレッド標準的
資本金:5億3000万
オリックス証券の売買手数料は300円で、これは非常に安いと思われます。お勧めです。

スワップは標準的で
米ドル:80円前後
ユーロ:80円前後
豪ドル:120円前後
ポンド260円前後
となっています。
スプレッドは狭く

米ドル:3銭
ユーロ:4銭
豪ドル:5銭
ポンド:9銭
です。これは、非常に狭い部類だと思います。
お勧めです。


以上のことから考えると、売買手数料の安さ300円、スプレッドの狭さから非常にお勧めの会社だと思います。

 
トリフォ株式会社 FOREX Board 売買手数料:1000円
スワップ:不明
スプレッド:若干高い
資本金:10億
トリフォ株式会社の手数料は1000円で、標準的だと思われます。

またスプレッドは

米ドル:5銭
ユーロ:5銭
豪ドル:6銭
ポンド:10銭
となっており、若干高いと思われます。

以上のことから、コストは、標準よりも若干高いと思われます。



         
ライブドア証券 FX  売買手数料:2000円
スワップ:若干安い
スプレッド:標準的
資本金:100億4680万
ライブドア証券は、ちょっと前に有名になりましたライブドアが経営する証券会社です。
売買手数料は、2000円とちょっと高めです。

また、スワップは
米ドル:80円前後
ユーロ:60円前後
豪ドル:110円前後
ポンド230円前後
とちょっと安めの設定になっています。
また、スプレッドは
米ドル:5銭
ユーロ:5銭
豪ドル:5銭
ポンド:9銭
と若干高めの設定になっています。
総合的に考えますと、コストは高いと思われます。
しかし、ライブドアだけに、会社の信用度は高いと思われます。

また、Livedoor FX バーチャルコンテストというのが行われていて、取引する前に体験することができます。




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO