外貨証拠金取引とは
一定の保証金を納めて、外貨の取引を行う。10万円の保証金に対して、1万米ドル相当の取引を行うことができる。
わかりやすく言うと、10倍の外貨の取引ができるというわけです。たとえば、10万円で1万ドルの米ドルを買うとする
と、1円円高になると1万円の損失が生じ、1円円安になると1万円の利益が生じます。
銀行の外貨預金では、為替のリスク(買ったときよりも円高になると、損し、円安になると得する)はあまり紹介されず、利率(年利5など)が強調されています。

つまり、同じリスクで、10倍分の利益を得るチャンスがあります。

つまり、同じ金額で、膨大な手数料を銀行に払っていることになります。
また、利益もかなり違ってくることがわかります。

参考になる本はこちらです。

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
題名 著者 出版社
外国為替投資自動売買超入門
私が外貨証拠金取引を始めるときに買った本です。とても参考になると思います。
実業之日本社
まったくはじめての外国為替投資入門
テクニカルの基礎も載っていて、勉強になりました。参考になると思います。
竹内淳 明日香出版社
酒匂隆雄の為替塾
ディーラー酒匂隆雄さんの本です。為替のおもしろさを倍増させてくれた本です。
 酒匂隆雄 実業之日本社
為替がわかれば世界がわかる
ミスター円、榊原さんの本です。世界の為替と経済の関わりを勉強できます。
榊原英資 文藝春秋
投資の王道 実践編 [通貨証拠金取引]
為替を本格的にやり始めるときには買っても良い本だと思います。とても参考になります
新井邦宏 日経BP社
シュワッガーのテクニカル分析―初心者にも分かる実践チャート入門
テクニカル分析を本格的に勉強するための本です。テクニカルを主体で取引する方には必要だと思われます。
ジャック・D・シュワッガー
訳 森谷 博之
ラジオたんぱ
究極のテクニカル分析
一風変わったテクニカルの見方を教えてくれます。とても参考になりました。
黒岩泰 インデックスコミュニケーションズ
為替オーバーレイ入門―戦略的為替リスク・マネジメント
為替の専門書です。
中窪文男 東洋経済新報社
藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義(上) 為替と金利はなぜ、いつ動くか編
為替の専門書です。わかりやすく書いてくれており、勉強になりました。
藤巻健史 光文社
藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義(下) 現場で使えるデリバティブ、スワップ編
為替の専門書です。わかりやすく書いてくれており、勉強になりました。
藤巻健史 光文社

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO